Délirium Caféとは?

Délirium Café EBISU THE ROAST(デリリウムカフェ エビス ザ ロースト)は自社直輸入のベルギービール樽生を最大で40種提供し、ピンクの象をシンボルとしています。ピンクの象は幸せのシンボルであり、皆様を世界最高峰のベルギービールとグリル料理でお迎えします。

ブリュッセルの一号店は2004年にギネスブックに認定され、またたく間にベルギーで最も知られるビアカフェとなりました。このビアカフェはブリュッセルの世界遺産の広場「グランプラス」近くの 小便小僧ならぬ、小便少女の前に佇んでいます。 この場所には世界中からビール好きが訪れ、 毎晩ベルギービールを傾けながら語りあっています。デリリウムカフェの中心的なビール「デリリウム・トレメンス」は、ラテン語で「アルコール中毒による幻覚症状」という意味。シュールな意味ですが世界中で愛されている小規模醸造所のビールであり、ついつい飲み過ぎてしまう味わいにつけられた名前です。 現在、ベルギーからはじまって、イタリア・フランス・オランダと ヨーロッパを中心に世界へと展開しはじめ、アジアでは記念すべき 一号店目として「デリリウムカフェ トーキョー」が オープンする事となりました。現在もブラジル・リオデジャネイロ等をはじめとして世界中へ広がり始めています。

毎年8月の第3土曜、小便小僧や小便少女にてデリリウムのお祭りが開かれます。小便小僧の小便が「デリリウム・トレメンス」となるなどの遊び心が満載です。デリリウムを世界に広げるために東フランダース州メレの町で結成された「ブラザーフッド」はビールに貢献する様々な人々に敬意を表し、メダルを授与、またブラザーフッドへの仲間入りを行っています。日本でも年に数回、ブラザーフッドと共に表彰を行っており、アジアで唯一衣装をまとう事ができるブラザーフッドも誕生しています。

NEWS

2017.9.7:グランドオープンしました。


service 1

小便小僧

毎年8月の第3土曜、小便小僧の小便が「デリリウム・トレメンス」となるお祭りが開かれます。

service 3

自社直輸入ベルギービール樽生

最大で40種の自社直輸入ベルギービール樽生を提供。

本日の樽生詳細はこちら

service 2

ギネスブックに認定されたベルギービールの聖地

ブリュッセル本店は2004年に世界最大値のビールを提供していることが認められている。

Access

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-11-5 GEMS恵比寿1F
日・月・火 11:30~23:00
水~土 11:30~24:00

03-6277-0870

ご予約はこちら




お問い合わせはこちら

Food

「Stove oven」

日本に数台しかない、職人が作り上げた特注の石窯で焼き上げたお肉やお魚は別格の味です。

「Salad & Veggie」

「Seafood」

「Meat」

「Frites & Mussels」

ベルギーといったらムール貝とポテトの組み合わせ。フライドポテト発祥の地でもあります。

「Pasta & Risotto」

「Cheese & Others」

「Dessert」

BEER

自社直輸入による最高級のベルギービール樽生、アメリカ、日本などのクラフトビール樽生を提供。

ボトルビールのラインナップはこちら

本日の樽生はこちら



自社醸造ブランド RIO BREWING & CO. 「リオ・ブリューイング・コー」リオ・ブリューイング・コーはベルギービール名誉騎士の弊社菅原亮平がベルギーにてリオと呼ばれる事から名付けられました。特定の醸造所を持たずにベルギーを中心として醸造を行っており、各醸造所の特別な酵母を利用した個性と共に日本人の繊細な感覚に合わせた上質なビールを醸造しています。ベルギーでの一流醸造所と 共に多くの共同醸造所も手がけ、まさにリオ・ブリューイングは日本とベルギー、そして世界をビールでつないでいく事を目的としています。

riobrewing.jp

Wine

自ら買い付けた直輸入ワインに始まり様々なワインを提供。


「セッピ・ランドマン Seppi Landmann」

(フランス アルザス France Alsace) アルザス南部のスルツマット村の17世紀から続く栽培家の家系で、1982年にセッピがドメーヌを設立し、これまでの慣例に囚われない自由なワイン造りでアルザスの奇才と呼ばれるほどだが、除草剤や殺虫剤を使用しない栽培をしておりストイックかつクオリティの高いワインを作っている。

「ワニョン・D Wagnon D Wine」

(フランス ボルドー France Bordeaux) 弊社が輸入するビール醸造所、Van Steenbergのエクスポートマネージャーであるデヴィッド・ワニョン氏が、ボルドーのブドウ畑を買い付けて立ち上げたワインブランド。伝統的な醸造技術と最新のマーケティングを理解するワニョン氏が、世界中のワイン生産地を見て回り、最も惚れ込んだ「マジックトライアングル」と呼ばれる一帯のブドウで醸造されるワインは、熟成にも耐える力強さと豊かな果実味を備えている。

「ボデガス・ロメロ・デ・アヴィラ Bodegad Romero de Avila」

(スペイン カスティーリャ Spain Castilla) カスティーリャ、ラ・マンチャ州で現在3代目となる家族経営のワイナリーで、寒さの厳しい長い冬と暑い夏が特徴の最適な気候条件と、肥沃な土壌に恵まれた地域で丁寧に栽培されるブドウからは、世界的に高い評価を受ける濃厚で香り高いワインが生まれている。

RECRUIT



毎日、人と活気で溢れかえり様々な「人の円」を作っていく場所を一緒につくっていくコレガスの応募をお待ちしております。

求人情報はこちら

DELIRIUM CAFE GROUP