ベルギーのビアカフェとはビストロ感覚で最高の料理とベルギービールを楽しむ場です。直輸入の100種類以上の樽生の中から最大40種(銀座)を提供する「ベルギービールの聖地」をお楽しみ下さい。結婚式二次会、歓送迎会、パーティーも承っております。

フランダース政府後援!西フランダーステイクオーバー×ベルギー郷土料理選手権開催!!

「フランダース政府後援!西フランダーステイクオーバー×ベルギー郷土料理選手権開催!!」

2月18日~3月3日

ベルギー、西フランダースに位置する9つの醸造所から20種以上のビールを集めました。そのビールに各店シェフ自慢のベルギー郷土料理をマリアージュ出来るイベントを開催いたします(2月18日~3月3日)。イベント期間中にベルギー郷土料理をお召し上がり頂き、お料理に投票頂いた方の中から抽選でヴァン・スティーンベルグ醸造所のルート・ボックのグラスとビールのセットをプレゼントいたします。3月には東フランダースのビールイベントも行いますのでぜひご来店ください!
  • Tsjeese
    ジーザス

    [ストライセ醸造所 10%]
    〈Tap 150ml〉720yen
    〈Tap 250ml〉1,020yen
    タイトルにもなっている“Tsjeeses"は、オランダ語で「ジーザス=あぁ」という意味。現地の発音ではチェーズィスのような音になる。ユニークなラベルは醸造家のウルバイン氏があまりの美味しさに陶酔している様子を描いている。オレンジなどの複数の果実を8カ月に渡って漬け込んで熟成した、フルーティーで複雑な味わいのする贅沢なビールだ。
  • Tsjeese Reserva
    ジーザス・レゼルバ

    [ストライセ醸造所 10%]
    〈Tap 150ml〉760yen
    〈Tap 250ml〉1,060yen
    ジーザスを6ヵ月間オーク樽熟成した限定品がこのジーザス・レゼルバだ。熟した果実の甘い香りは通常のジーザスに比べたら若干弱く、ジーザスよりも少しアルコール感が感じられる。しっかりと余韻も感じられるフルボディのビールだ。
  • Cuvee Watou
    キュベ・ワトゥ

    [ルロワ醸造所 8%]
    〈Tap 250ml〉890yen
    ハイアルコールながら喉の渇きを癒してくれるリフレッシュ感があり、ベルギーではアウトドアでも人気。優しい風味で軽い苦味とフルーティさで、繊細さを表現している実にハイクオリティなビールだ。※店舗によってはご用意がない場合がございます。
  • Paljas IPA
    パルジャスIPA

    [ヘンリクス醸造所 6%]
    〈Tap 250ml〉790yen
    草のようなホップアロマ、アメリカンIPA的な中程度の苦味にカラメル風味の麦芽との調和が心地良い。ホップはトマホーク、カスケード、ザーツとアマリロを使用。モルト感が割としっかりとあり、飲む人を選ばないドリンカビリティがある。ネルソンソーヴィンでドライホップしており、温まってくると白ワイン的アロマも感じられる。 ※店舗によってはご用意がない場合がございます。
  • Ma Mere Speciale
    マメールスペシャル

    [デ・ライト醸造所 6%]
    〈Bottle 330ml〉1,110yen
    Ma mereとは仏語で「私の母」という意味だが、Amereになると「苦い」を意味し、この二つの意味を掛け合わせたネーミングとなっている。2種類のベルギー産ホップと2種類のアメリカ産ホップを使用し、ドライホッピングした「かなりビター」なゴールデンエールだ。フレッシュなホップの香りと長い苦味の余韻がありながらも、クリーミーでソフトな感触も。飲みやすく爽快なビールだ。
  • Cuvee Jeun'homme
    キュベジェンノーム

    [デ・ライト醸造所 6.5%]
    〈Bottle 330ml〉1,180yen
    マメールスペシャルを四ヶ月間オーク樽にて熟成させたもの。カーボネーションは弱く、香りはウッディ、酸にホップのアロマが溶け込んで一体となったような、うっとりとするオリジナルな甘美さがある。口当たりの基調は柑橘系の酸、繊細なウッディ、柔らかなオウドグーズのようでもある。後口は弱いながらもホップの繊細な苦味とタンニンが締めくくる。
  • Cuvee Soeur'ise
    キュベ・ソウィジ

    [デ・ライト醸造所 8.5%]
    〈Bottle 330ml〉1,240yen
    トリプルをオーク樽で熟成、その最中にチェリーを漬け込んで仕上げたトリプルクリーク。あまり聞かないビアスタイルだが、トリプルらしいアルコール感や重さを感じさせない仕上りになっている。香りはウッディ、バニラ、そして果皮や種の要素も含んだ濃厚なチェリーがロワールワインのカベルネフランやガメイを彷彿とさせる。口当たりは瑞々しくスムースで、後口には樽や果皮由来のタンニンがとても心地良い余韻となる。
  • Ichtegem's Grand Cru
    イヒテヘムズ・グランクリュ

    [ストゥルブ醸造所 6.5%]
    〈Bottle 330ml〉1,200yen
    伝統的醸造のフランダースレッド。オーク香と乳酸味の複雑な味わいがある。スタンダードな同スタイルのものに比べ、オーク樽熟成期間が24カ月と長く、さらにこのオーク樽熟成ビールの比率が60%と、このスタイルのビールの特徴をさらに発揮したものになっている。甘みは抑えられ酸味とのバランスが整った、赤ワインの感覚に近いものに仕上がっている。
他西フランダースの醸造所のビールも多数用意しております!詳しくはスタッフまでお問合せください。

セントベルナルデュス醸造所
St.Bernardus White
St.Bernardus Tripel
St.Bernardus Pater 6
St.Bernardus Prior8
St.Bernardus Abt12
St.Bernardus Christmas 2016~2018

カゼマッテン醸造所
Grotten Sante

ヴェルハーゲ醸造所
Queue de Charrue Brune

デ・ドレ醸造所
Still Nacht
Arabier
Oerbier
Boskeun
Dulle Teve
「各店シェフ自慢のベルギー郷土料理」
2つのサイズからお選び頂けます。小:800yen/ 大1,600yen(税抜価格)
  • デリリウムカフェレゼルブ(赤坂)
    桜鯛と三浦春キャベツのワーテルゾーイ
  • デリリウムカフェトーキョー(虎ノ門)
    コルドンブルー シェーブルの香り 屋台スタイル
  • デリリウムカフェGINZA(銀座)
    ココット鍋で仕上げた骨付き鶏モモ肉と武蔵野野菜のクリーム煮 ワーテルゾーイ
  • プティデリリウムタップカフェ(新宿)
    幻の豚東京Xとモッツァレラチーズのコルドンブルー
  • ウルビアマン(秋葉原)
    カルボナード 門崎牛のベルギービール煮込み
  • ブラッスリー セント・ベルナルデュス(神田)
    チコリとプロシュートのラクレットチーズグラタン
  • ベル・オーブ豊洲(豊洲)
    フランダースの肉じゃが ヒュッツポット
  • ベル・オーブ東京芸術劇場(池袋)
    Tokyo from Belgium 東京卵を詰め込んだ特大東京Xブリュ
  • ブラッスリームー(武蔵小杉)
    カシスの甘さと酸味が引き立つ頬肉のカルボナード
味・盛り付けの項目で10点満点で採点をお願いいたします!投票頂けた方には抽選でルートボックのグラスとビール2本セットをプレゼントいたします。
Official
Delirium Cafe
GINZA
Delirium Cafe
Tokyo
Delirium Cafe
Reserve
Petit Delirium
Tap Cafe
BelgAube
Roppongi
BelgAube
Toyosu
BelgAube
Tokyo Metropolitan Theatre
Brasserie
St.Bernardus
Brasserie
MUH
Oerierman
RIO BREWING & CO.
BISTRO AND GARDEN
RIO BREWING & CO.
Brewery
BUTCHER REPUBLIC
SHINAGAWA
BUTCHER REPUBLIC
EBISU
BUTCHER REPUBLIC
SENDAI