ビアカフェ

A la becasse (ア・ラ・ベガス)

本日はブリュッセルのグランプラス近くのビアカフェ「A la becasse (ア・ラ・ベガス)」という面白いビアカフェのご紹介。
証券取引所を正面に、右に曲がって少し歩くと左手にある。入り口がとても小さいため見落としてしまいそうだが、赤いネオンの矢印と鳥の絵の看板を目印に進むと見つかるので注意深く確認して。
看板に描いてある鳥は、フランス語の店名の由来となっている「ヤマギシ」という鳥で、この鳥がお店のロゴとなっている。

店の入り口はこんなに小さい

細い通路を歩いて行くと入り口が。店内は薄暗くそんなに広くもなく、中世のビアカフェのような雰囲気を醸し出している。創業はなんと1877年、かなり年季が入っていそうな木製のテーブルとイスも老舗の風格を出している。ワインレッド色の床タイルも昔のフランドルの室内画に出てきそうな感じで、中世にタイムスリップしたような気分を味わえる。

店内に入ってまず目につくのがカウンターにあるピカピカの大きな樽。ここから樽出しのビールを頂ける。このカフェで有名なのはなんと言ってもランビックビール。ティママンズ醸造所のランビックビールを出している。
ランビックは癖のあるビールなので好みが分かれるかもしれないが、このお店では、あまり酸っぱくないソフトランビック(ランビック・ドウス)を出しているのでぜひ挑戦して頂きたい。味はシードル(リンゴ酒)のような感じで、うっすらとした酸味があり、発泡も苦みもほとんどなく、これがビール?と思ってしまうかも。アルコール度数も5%とベルギービールにしては低い方で、なんだかリンゴ酢を飲んでいるよう。

 

面白かったのがビールの容器だ。フランドルの画家、ブリューゲルの絵に出てくるような陶器のピッチャーに入ってきて、それを自分でグラスに注いで飲む。ブリューゲルの絵に登場するビールはランビックビールであると言われているが、飲んでいると本当にそんな気がしてくる。
きっと、昔のベルギーでは農家でビールを作っていてこんな味だったんだろうなと。

ブリューゲルの絵

ビールはこの他にも、ホワイトランビック(オレンジピールやコリアンダーを加えたもの)や、フランボワーズ、チェリーを加えたフルーツランビック、グーゼランビック(年代の違うランビックビールをブレンドしたもの)も。いろいろ飲んでみたいという方には4つのランビックセットがオススメだ。
その場合陶器のピッチャーはついてこず、グラスのみなのだがテイスティングには最適。また、テイスティングセットは大きいグラスのバージョンもあるので、いっぱい飲みたい、みんなで楽しみたい、という方にはそちらもオススメだ。

小さいテイスティングセット(PALETTE Pettit)は6.7ユーロ、普通のグラスのテイスティングセット(PALETTE Normale)は13.4ユーロでソフトランビック、ホワイトランビック、クリーク(サクランボのフルーツランビック)、ブルゴーニュ・ドゥ・フランダース(フランダースの赤茶ビールにランビックビールを混ぜて熟成させたもの)の4種類を飲むことが出来る。

また、ランビックビールだけでなく、その他のベルギービールも沢山飲むことができ、30種類程のビールが置いてある。

夜は観光客で賑やかになるが、昼間~夕方はお客さんも少なくゆっくりと過ごすことが出来るのでぜひ足を運んで頂きたい。

 

住所:Rue de Tabora 11, Bruxelles
電話:+32 2 511 00 06
営業時間:無休 11:00~24:00
URL:http://www.alabecasse.com/
*Wi-Fiあり(店員さんに聞くとパスワードを教えてくれます)
*英語メニューあり

店舗の予約 オンラインショップ

関連記事

  1. マリオネットとフゾンテ!
  2. ブリュッセルのデリリウムカフェ

ピックアップ記事

PAGE TOP