醸造所

オルヴァル醸造所訪問記

今日はベルギー最古のトラピストビール、オルヴァルのご紹介。ブリュッセルからは車で2時間、オルヴァルはベルギー南部のアルデンヌと呼ばれる広い森の中にある(フランスとルクセンブルクの国境の近く)。例によって、かなりの田舎道をドライブするので、こんなとこに本当にあるんだろうか…と、途中で不安になってくるような場所だ。

 

「Orval」の標識を頼りに進んでいくと、とても小さいオルヴァルの村に到着し、修道院の看板が見えてくる。修道院の中の醸造所は年に1度の公開醸造のイベントの時にしか入れないので、近くの樽出しのオルヴァルを出すカフェへ。ちなみに近くにカフェは2つあって、そのうち一つしか樽生は提供してないので要注意だ(「À L’ange Gardien」というカフェ)。

Angeカフェ(こっちが樽出しオルヴァルが飲めるカフェ「À L’ange Gardien」)

大抵どの修道院もメーカーも何種類かビールを造っているのだが、オルヴァルは珍しく1種類しか造っていない。とても高い評価を受けているにも関わらず、だ。潔い。でもこのオルヴァルのビール、時と共に味が変わるという面白いビール。なので1種類と言えども年代別に飲むと色んな味が楽しめてお得なのである。

 

今回は樽出し1つと、1年物のオルヴァルを1つづつオーダー。樽出しの方は、うっすらとIPA(Indian Peal Ale)のような味が。若くフレッシュで、グレープフルーツのような味と香りがしてスッキリとした飲み口。

1年物の方は、同じビールでもこんなにも味が違うものかとまず驚きがくる。樽生の方はあまり泡立ちがなかったのに対し、こちらは泡立ちが良く、グラスの中で泡のダンスが見られる。若いフレッシュさはないのだが、角がとれたマイルドな味わいになっている。また、樽出しと同様にグレープフルーツのような味わいと香りがするが、かなり薄くなっており、かわりにほのかな甘みとエステル香がする。年代の違う同じビールを味わうというのは始めての経験だった。ベルギービールはほんとに奥が深い。。

 

ちなみにオルヴァルビールは、現存するトラピストビールの中でも極めてユニークで、トラピストの最高峰と言われている。2種類の酵母菌を3回に分けて投入したり、英国流のドライ・ホッピング(二次発酵中のビールに大量の乾燥ホップを投入)という手法を用いたりすることによって、複雑な香りと味わいを出している。

 

ビールを飲んだ後はカフェからちょっと歩いて修道院併設のミュージアムへ。

1人6ユーロでかつての修道院跡や貴重な資料や展示物を見れたり、オルヴァル修道院の歴史、ビールやチーズの造り方が学べたりする。これで6ユーロはお得だ。受付で日本語の簡単なパンフレットももらえるのが有難い。

 

オルヴァル修道院は、フランス革命の時に破壊された18世紀の修道院をそのまま再現している。敷地内には、革命時に破壊されてしまった12~13世紀にかけて建てられた最初の修道院の廃墟も残っており、新旧両方を同時に見れる造りは珍しく、世界中探してもほとんどないそう。特に、廃墟の方はベルギー最古のゴシック建築と言われており、歴史的にもとても貴重な文化財である。

 

上の写真が修道院の全体像で、ここでビール、チーズ、蜂蜜の製造をしている。もちろん本来の意味での修道院(修道士の住居)もあるし、とても広い。ミュージアムはフランス語、オランダ語、英語で各所に説明が書いてあり、速足で歩いても1時間はかかるボリューム。中でも面白かったのはビール醸造について学ぶコーナーだ。昔使っていた醸造に使う設備が展示してあり、醸造クイズなるものも各所で楽しめる。

 

もう一つ、オルヴァルを語る上で欠かせないのが「マテルドの泉」だ。言い伝えによるとこうだ。1076年頃、この地方の領主であるイタリアのトスカーナからやってきたマテルド伯爵夫人が、狩りの途中この泉のほとりに腰を下ろした時、ふとしたはずみで亡き夫の結婚指輪を泉の中に落としてしまう。夫人は悲しみにくれ、近くの祈祷所で一心にお祈りをささげる。泉に戻ってくると、突然泉から一匹の魚が指輪をくわえて泳ぎ出てきて指輪を返してくれた。夫人は大喜びで「本当にここは金の谷(=VAL D’OR⇒ORVAL)です!」と叫んだとのこと。それがオルヴァルの由来である。

何の変哲もない小さな池のようなところだったが、たくさんの観光客がいた。オルヴァルのシンボルである鱒の絵がユニークで、初期から変わってないことからこうやって多くの人を惹き付けるんだろう。ビールの造り方を見ていても素人の私にもそのこだわりが伝わってくる。オルヴァルはまさにトラピストビールの王様である。

鍵谷記

★オルヴァル修道院

住所:Orval 2 6823 Villers-devant-Orval

 

★À L’ange Gardien(樽出しオルヴァルが飲めるカフェ)

  • 住所:Orval, 6823 Florenville
  • 営業時間
  • 月・火・木:11:00~18:00
  • 金・土・日:11:00~21:00
  • ※7,8月は毎日11:00~21:00まで営業
  • URL:http://www.alangegardien.be/default.asp

 

関連記事

  1. ヴァン・スティーンベルグ醸造所 来日イベント開催のお知らせ
  2. ホフ・テン・ドルマール醸造所訪問記
  3. カンティヨン醸造所訪問記
  4. デュポン醸造所訪問記
  5. オード・ベルセル醸造所訪問記
  6. シメイスクラッチキャンペーン‼
  7. リンデマンス醸造所訪問記
  8. ドリーフォンティネン醸造所訪問記

ピックアップ記事

PAGE TOP