イベント

1/21(月)より開催!ジャーニー・オブ・ランビック~2019年ビールの旅~

1月24日放送のNHKの番組、「世界は欲しいものであふれている」で、弊社代表菅原が探しに行った「ランビックビール」。 ※番組のURLはこちらをクリック!

そのランビックを一緒に飲んで旅をするイベントを開催!デリリウム各店で1月21日からスタートだ。今回のイベントでは、旅で訪れた2軒の醸造所(ドリーフォンテイネン、オウドベールセル)のビールと、リンデマンス醸造所のビールを紹介する。

(※ドリーフォンティネンは第二弾で! ※全ての醸造所が放映されるかは分かりません)

 

■ランビックとは?

ベルギーの首都、ブリュッセルの南西のみで醸造される、野生酵母で発酵されたビール。通常のラガーやエールの酵母がラボで純粋培養されているのに対し、ランビックは大気中に舞う野生酵母が麦汁に自然に舞い降りて発酵する、古代的かつ神秘的なビールである。この度、弊社菅原の秘蔵在庫を利益度外視で大放出予定!超レア、ランビックを年代別に飲み比べ頂ける。味の経年変化をお楽しみあれ!

■提供ビールはこちら

・St. Louis Gueuze Fond Tradition…<樽生250ml>790yen [ヴァン・ホンスブルック醸造所 5%]

ランビック醸造所としては珍しい西フランダースのインゲルムンステルに位置する。愛好家を対象とした純粋で伝統的なグーズ。若いランビックと古いランビックをブレンドした青りんごの香りが際立つ、非常にドライで酸味のある味に仕上がっている。

・Kriek de Ranke…<樽生250ml>890yen [デ・ランケ醸造所 7%]

ジラルダン醸造所のランビックとフランダースレッドビールをベースに、本物のチェリーを半年以上漬け込む。ランビックの強い酸味とチェリーそのままの酸味がそのままあらわれている本格的なフルーツランビックである。ランビックのこれからのあり方をも考えさせられる一品。

・Oud Beersel Oude Gueze…<375ml>1520yen / <2014yr 750ml>3500yen / <2016yr 750ml>3000yen / <2017yr 750ml>2800yen [オード・ベルセル醸造所 8%]

ドリー・フォンティネンに石を投げれば届く程といえば大げさだが、歩いてすぐに存在する。2002 年に跡継ぎ不足で閉鎖された醸造所だが、この醸造所のランビックを愛している親子二人が2005 年11 月25 日に再興し、ランビック作りを再開した。醸造法も以前の醸造所を操業していたまま引き継がれ、伝統的なランビックの灯火が消える事はなかった。酸味の強さ はランビックの中では控えめであり、ドライであるものが多い。

・Oud Beersel Oude Kriek…<375ml>1520yen / <2013yr 750ml>3700yen / <2014yr 750ml>3500yen / <2015yr 750ml>3200yen [オード・ベルセル醸造所 8%]

オード・ベルセルの若いランビックと3年寝かせたランビックをブレンドし、生のチェリーを樽に漬け込んでさらに発酵、熟成させる。1年も経てば、種以外はランビックの自然発酵酵母がすべて食べてしまうほどだ。1リットルの中に400gものチェリーが含まれており、チェリーとランビックの調和した酸味と共に味わう事が出来る。自然酵母は生き続け、10年、20年と偉大なビールへと変貌を遂げる。

・Oud Beersel Framboise…<375ml>1520yen [オード・ベルセル醸造所 5%]

オード・ベルセルの若いランビック同士をブレンドし、さらに生のラズベリーを漬け込んで発酵、熟成。最後にそこへ加糖する事により、ランビックの酸味を押さえて飲みやすいフルーツランビックとした。

・Bzart Lambiek…<750ml>5000yen [オード・ベルセル醸造所 8%]

オード・ベルセル・オード・グーズをベースにシャンパン酵母を使い、再度発酵。ルミアージュ、デゴルジュマンといったシャンパンと同様の手法で熟成させた。

・Bzart Kriekenlambiek…<750ml>5000yen [オード・ベルセル醸造所 8%]

オード・ベルセル・オード・クリークをベースにシャンパン酵母を使い、再度発酵。Bzart Lambiekと同様、ルミアージュ、デゴルジュマンといったシャンパンの手法で熟成させた。

・Chapeau Cuveé…<375ml>1500yen [デ・トロフ醸造所 5.5%]

ベルギーの首都、ブリュッセルの西に位置し、18世紀に設立された家族7代に渡る醸造所。比較的短い期間で醸造される甘いフルーツランビックを得意とする。Chapeau Cuveéは甘味を加えない酸味のある伝統的なランビックで完成の3年を要する。

・Cuvee de Ranke…<750ml>3200yen [デ・ランケ醸造所 7%]

ジラルダン醸造所のランビックと買収される前に使用されていたローデンバッハ醸造所の酵母を使用したビールをブレンドさせ、これまでにない新しいランビックのスタイルをデ・ランケ醸造所が提案。ランビックの強烈な酸味が苦手な方にも飲める本格的なブレンドランビック。これにチェリーを半年以上漬け込む事によってデ・ランケ・クリークが作られる。

・Lindemans Blossom Gueuze…<750ml>4500yen [リンデマンス醸造所 5.5%]

ランビックは非常に多彩であり、創造性を刺激する。スポンタンバジルでの新鮮なバジルとグーズとの予期せぬ大成功は、ハーブとランビックが上手く融合するという確信につながった。ブロッサム・グーズはエルダーフラワーによる独創的でユニークなビールだ。

※750mlの大瓶は店舗によってはグラス(150ml)の提供も致します。スタッフに直接ご確認ください。

 

★このビールが飲めるのはこちらの店舗↓↓

デリリウムカフェ ギンザのページはこちら

デリリウムカフェ トーキョー(虎ノ門)のページはこちら

デリリウムカフェ レゼルブ(赤坂)のページはこちら

Petit Delirium Tap Cafe(新宿)のページはこちら

関連記事

  1. ゴールデンウィークの営業時間のお知らせ
  2. ランビックスプリングセッション2020、ご来場ありがとうございま…
  3. 2018年度EVER BREW卒業式のお知らせ
  4. デリリウムカフェレゼルブ11th Anniversary お越し…
  5. 【デリリウムラリー2018】達成者ご招待イベント 海賊船クルージ…
  6. ブリュッセルのデリリウムカフェ
  7. デリリウムカフェレゼルブ限定!超レア「ゾンビネーション」開栓!(…
  8. プティデリリウム タップカフェ 伊勢丹新宿店に出店!

ピックアップ記事

PAGE TOP