Délirium Café GINZA

聖なる静かな夜に飲むビール、「スティルナハト」でメリークリスマス!

12月22日より、デ・ドレ醸造所のクリスマスビール、「スティルナハト」を提供開始!

デリリウム各店+ウルビアマン、セント・ベルナルデュス、RIO BREWING&CO.BISTRO&GARDEN、ブラッスリー・ムーで提供する(詳細は記事に最後に記載)。

静かな夜に…フゾンテ(乾杯)!

「スティルナハト」、オランダ語でサイレントナイト(静かな夜)という意味のこのビールはもちろんベルギーのデ・ドレ醸造所でも飲むことが出来る。ビールも素晴らしいが、ネーミングも最高だ。世界中の教会でこのビールの歌を歌うことを想像してごらん?もちろんそれを意図して造った訳ではないんだけどね。

 

…これは最も重く濃いビールだ。

クリスマスビールはそもそも特別なものだけど、それをちょっと超えてしまうほどだ。

なんと麦汁の初期比重は22プラトーととても重く、これはインペリアルスタウトや、バーレーワインと同じくらいの濃さなんだ。ちなみに麦汁の初期比重というのは、発酵前の麦汁に溶け込んでいる糖分の量のこと。酵母は糖を食べてアルコールを作るから、初期比重が高いとどっしりとした飲みごたえのあるビールになるということだ。デ・ドレ醸造所は家族経営の小さな醸造所だ。伝統的醸造設備で日々醸造している。ホップはベルギーポペリンゲ産のものだけを使用する。そして麦汁の初期比重を高めてくれるホワイトキャンディーシュガーを加えて、よりクリスマスにふさわしい贅沢なビールに仕上げていく。醸造は約1か月を要し、ビールはさらに瓶内で発酵される…。

じっくり醸造・発酵されたデ・ドレ醸造所のスティルナハトで冬の凍えた体を温めていただきたい。

 

 

「デ・ドレ醸造所とは?」

ベルギーの鬼才、De Dolle Brouwers(デ・ドレ・ブルワーズ)は訳せばThe Mad Brewers(狂った醸造家達)。

1980年、建築を学んでいたクリスら兄弟が醸造所を始めようとしたところ、こんな時代に絶対無理だ、狂っていると多くの人に言われたそう。クリスは画家として醸造所のデザイン、ラベルのデザインも行い、醸造家としても世界から尊敬される人物でもある。まさに鬼才だ。

 

西フランダース州でひっそりと家族経営の醸造所を営んでいるが、週末には村の人でごった返すどころか世界中の醸造家か訪れる。クラフトビールで知られるブリュードッグのオーナーでさえここを訪れて感銘を受けている。

 

スティル・ナハト(Stille Nachat)

  • 醸造所:デ・ドレ醸造所
  • アルコール度数12%
  • 価格:250ml 980円

 

【提供店舗はこちら】

関連記事

  1. 赤坂デリリウムブティック、グッズ新規入荷!
  2. デリリウムカフェのブログを新規開設しました。
  3. 宇宙一のビール、ブラックアルバートのコーヒー豆入荷!当社直営店で…
  4. サタンを飲んで鬼を退治!!節分ビールイベントの開催 1/28~
  5. 2019年デリリウムカフェ福袋販売
  6. 2019年 飲み始めは初陣で!
  7. ガレット・デ・ロア提供開始!
  8. 第二弾!ジャーニー・オブ・ランビック~2019年ビールの旅~
PAGE TOP